FC2ブログ
  2020.06   05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
保温の続き六
 4月18日

曇りのち雨。

    朝    昼
 外  6℃、 12℃。
 内 16℃、 18℃。
 (ヒーター使用)

 ヒーターを焚いてなんとか16℃を確保したものの、明け方に産卵をしている鉢はありませんでした。
 卵は17℃、目標の18℃から20℃には届きませんでしたが、まあ、なんとか。
 九時頃から明け三歳が一尾産んでくれました。
これも、会員と半分づつにし、早速送りました。

 保温の続き六

 蓋をしている場合
保温してある時は全方位から冷えを緩和できます。
保温していないと全方位から冷えはじわじわときて、やはり底冷えがします。
せっかく蓋をしているのに、保温をしていないと、
 頭隠して尻隠さず、
 仏作って魂入れず、
肝心かなめに間が抜けて、効果を十分に活用できません。
 蓋をしていると、していないでは明け方に温度差がでてきます。
春秋はそのさが活力に、良い循環へと繋がります。
冬は主に内蔵の故障を防ぎ、体調、生命維持、スムーズな産卵へと繋がります。
保温は秋冬春は底冷え対策と言っても過言ではありません。
2007.04.18(Wed)  土佐錦魚コメント(0)TOP
コメント

 管理者にだけ表示を許可する

  2020.06   05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07

TopAdmin