FC2ブログ
  2020.09   08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 05月27日
   
選別思考 3508−146
   
目先は餌の量や質によっても作られるが、基本的には餌を食べる動作によって作られている。
稚魚の時には動物質の餌を好むが、やがて苔を突くようになると、色々の餌を食べても消化吸収できるようになる。
苔をついばむこともさることながら、苔と一緒にいるプランクトンも食べている。動物質と植物質を一緒に摂取できる。
苔を突ついている時には、もぐもぐしている時間より突ついている時間の方が多くなり、突つく動作が目先の発達を促す。
苔を突ついていることは、餌が物足りないと言うことになる。
餌が十分に足りていると、苔突つきが少なくなる。
餌が十分に足りていると、もぐもぐしている時間が長くなる。
もぐもぐの時間が長いと、目幅を発達させる。
苔突つきが少なくなると、口先が短いままになる。
餌が十分に足りていると、目幅を広げる栄養が十分となる。
苔突つきが少なくて栄養が偏ると、顔は悪くなる。

2020.05.27(Wed)  土佐錦魚TOP

  2020.09   08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10

TopAdmin