FC2ブログ
  2020.06   05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 03月26日
   
選別思考 3446−84
   
そこからの岐路は、魚によって異なる。
目先が足りない、目幅が広め、体に締まりがない、もう少し前をなんとかしたい魚は、少し緩和された型の丸鉢へ二歳でも入れられてしまう。
基本の型は擂り鉢型の底面二十㎝、上面六十㎝、深さ二十㎝、傾斜幅二十㎝、
これで、傾斜角度四五度になる。
緩和された鉢は、この基本をあまり変えずに弧を付けたり、底面の角を丸めたりして、水量と日影を少し増やしている。
それだけで、水温、保温と随分違ってくる。
上面水温が一℃〜二℃違ってくる。
緩和された鉢は二歳用に作ったが、当歳魚初期にも向いていた。
当歳魚の初期には、過酷を必要としていない。
お椀型は、当歳魚初期や二歳に向いている。

2020.03.26(Thu)  土佐錦魚TOP

  2020.06   05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07

TopAdmin