FC2ブログ
  2020.06   05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 03月21日
   
選別思考 3441−79
   
基本の丸鉢の深さは二十㎝ある。
二十㎝より浅いと水が沸きやすく煮えやすい。
二十㎝より深いと快適が過ぎやすい。
昔、近森さんが、二十㎝朝顔型は沸きやすくて世話がやけると言って、
深さを三十㎝の朝顔型を造った。
世話に関しては良いことずくめだった。
魚は良く育ち、背瘤や端瘤が付いて、土佐錦魚属になっていた。
とうぜん近森さんは土佐錦魚属を育てるつもりはなかったと察している。
それまでに深鉢の快適な丸鉢での経験がなかった。
やはり、伝統の丸鉢にはそれなりの意味がある。
深さは二十五㎝止まり、これなら二歳でも入れられる。
上径を広げれば、親も入れられるようになる。
基本の丸鉢は当歳用、全てに於いての基本になっている。

2020.03.21(Sat)  土佐錦魚TOP

  2020.06   05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07

TopAdmin