FC2ブログ
  2020.09   08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 12月06日
   
選別思考 3335
   
前金座の骨格は扇を半分広げたように放射状になっているのに、
上見からは凝縮されているように見える。
実際に、鰭条では凝縮している。
金座内の筒棘からの親支は、やはり縦付けになっている。
骨格的には中央から小さな細長い三角形が、左右へ出ている。
一本の棘状が一本の鰭棘を出している。
金座の骨格を筋肉や鱗が覆うと、平付けと縦付けに見える。
なぜか。前金座の尾骨からの棘状は、成熟した魚でも一本のままになっている。
一本から節が分かれて鰭条が広がっている。。
前の鰭条は、一本の棘状から発しているので、シワができ難い。
後の鰭条は、数本の棘状から発しているので、シワが出来易い。
ならば、並側条は前の鰭条の棘状からでなんとなく納得できる。
すると、半側条は前の鰭条の棘状からか前の親骨の棘状からか。
発しているのは前の鰭条の棘状からで、作用は親骨からとなる。
余談だが、シワとなっている条は、並条より狭い条となっていることが多い。
半条よりも狭いことがある。
この狭い条を[シワ条]と呼んでいる。
並条の間に半条があること自体がおかしいのに、それより細い条があることは
異常となり、シワとなることが自明の理となる。
後の棘状は数本になっているので、前のような一本の棘状からの一体的な連携が、各条同士の間にはない。
よって色々な遺伝子を受け継ぐ間には、色々の癖が出る。

2019.12.06(Fri)  土佐錦魚TOP

  2020.09   08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10

TopAdmin