FC2ブログ
  2019.12   11≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫01
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 11月14日
   
選別思考 3313
   
迫り前は、肩が出ている鳥の翼のような感じを受ける。
尾肩までが剛で、尾肩から先が柔で、役割を分けている。
返り型の一文字は、桁返りや、半側条では不可ない。
直返りで、並側条を、一文字と特定している。
その他の条件には触れていない。
幅広の並条は、琉金の幅尾系が土佐錦魚へもたらしている。
並側条も琉金がもたらしたことになる。
琉金の尾肩は、尾肩として取り立てて言うほどのものはなく、
有ったにしても、尾付けに近いところとなり、目立たない。
これは、筒棘が親支として働いてないことを、示している。
支えは親基支のみとなり剛の要素は根元近くであとは柔となる。
土佐錦魚となって親支が働けば、親骨の半ばまでが剛となる。
弓のようなしなりを持ち、どちらの一文字の条件をも満たす。

2019.11.14(Thu)  土佐錦魚TOP

  2019.12   11≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫01

TopAdmin