FC2ブログ
  2019.11   10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 10月07日
   
選別思考 3275
   
極端に弱く流れているハネは、親骨が流れていると的確に解る状態で、
型名はつけられていない。
極端に強く張り過ぎているとハネになるが、歴史上では海老前と言われて、
迎え入れられた時代を経ている。
親骨の張り具合の抑えの規定の基準は、解るようで解りにくい。
[停止時に土佐錦魚の円の中央線より少し後方に抑えている]
[親骨は中央より発し、迫り出しは中央線より前方に出て尾肩を形成し、
尾肩先の親骨は中央線より少し後方へと抑える]
([迫り前]と異なる[弓前](一文字)は、尾肩が無いわけではなく
、目立たないだけで役目はシッカリ果たしている。)
[迫り前型]は親骨の抑え型の主流ではあるが、絶対ではない。
抑え型は、役目をシッカリ果たしていれば、迫り出しが目立たなくても
差し支えなく、一文字は別格な親骨型とされている。

2019.10.07(Mon)  土佐錦魚TOP

  2019.11   10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12

TopAdmin