FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 03月30日
   
選別思考 3450−88
   
やっぱり、土佐錦魚を作るか育てるかの違いに集約される。
すでに立場が異なっているから、「解らないだろうな〜」。
その実用限界が、野中進氏考案のお椀型と言うことになる。
自身も認めておられた。屋上は床からの照り返しがあるので、
朝顔型だとすぐ沸く、気がかりで仕事が手につかない。
休憩時間まで行かずに済むように、アルミを叩いて作った、と。
朝顔型の底面を広くして傾斜に弧をつけた、と。
側面に弧をつけたのは、水量を増やすため。
底面を広くしたのは、水量を多くするため。
朝夕の日陰も増えて、温度上昇が遅くなる。
上面はそのまま、陽受けの上面積はそのまま。
床面積を増やして上底差を少なくし、傾斜に弧をつけた。
すると対流をあまり期待できない。

2020.03.30(Mon)  土佐錦魚TOP

  2020.03   02≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫04

TopAdmin