FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 03月20日
   
選別思考 3440−78
   
漏れない程度の滲みが気化熱を生む。我池が一階の庭に広がっていたら、
教わった通りに粗めの砂と少なめのセメントで三センチの厚さにして、
底面を少し狭くした丸鉢をセメントで造って、庭一杯に並べたのだが、
残念ながら三階の屋上の四階の高さになってしまい、屋上には重くて乗せられない。それで軽いFRP製の丸鉢になってしまった。
基本は、形もさることながら、材質にも及んでいる。
セメントで厚さ三㎝にすると、保温がいらないと教わっている。
だが、セメントで厚さ三㎝にすると、重くて動かすことも容易にできない。
設置や移動やひっくり返すにも腰を痛める。
厚さ二㎝にすると、やはり保温に問題が出る。
夏は気化熱でなんとか凌いでも、冬ごもりに向いていないことから、
角鉢で或いは大鉢で冬ごもりをさせることになる。
セメントで厚さ三㎝は、贅沢品と言える。

2020.03.20(Fri)  土佐錦魚TOP

  2020.03   02≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫04

TopAdmin