FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 03月17日
   
選別思考 3437−75
   
背肩が少し出てきてから控えて、それ以上は出ないように止めて置く。
それでも生長は速くなっている。
背肩の出具合は、慎重に行わないと将来への方向性を決定する。
背肩が出る前に控えれば、生長は地道だが、味を追求できる。
さらに控えれば、宮地式に近くなる。
だが一旦でも膨らむ程与えると小さかった口が多少大きくなる。
背肩が出るとは、口が多少大きくなる兆しとなり、背瘤が出る前段階となることを認識して置く必要がある。
背瘤が出たら作りは失敗と言える。背肩は作りの妥協点となる。
高知では三月には当然のように採卵していた。
我池では三月の終わり頃から主に四月の初めに初採卵をする。
早生まれでも決して急がず、時間を掛けた地道が大切になる。
宮地式は、春は小さく、初夏は地道に、夏は過酷に、秋に崩さないで大きく育てて名魚作りを完成させる。

2020.03.17(Tue)  土佐錦魚TOP

  2020.03   02≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫04

TopAdmin