FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 03月09日
   
選別思考 3429−67
   
イジケへの作用の初期では、成長を抑制する作用になっている。
以後は何となく『餌は食べるけどなかなか大きくならないな〜』と、
違和感を感じる。
作りながら大きく育てたいなら、上面温度三十九℃〜四十℃で少しの日除けを
使用すれば、多少の成長への影響で済む。
成長速度を減速しないで目幅を整えることはできない。
多少減速していても、当歳で二歳程の大きさへはもっていける。
土佐錦魚当歳に、高知の二歳以上の大きさを望んでは不可ない。
今期の我池のような少しふやけた当歳へは、まだ光線を浴びせる必要があると
判断した。
だがまだ、それほどの陽射しに恵まれていない。
やっと、上面温度三十八℃、底面温度三十六℃、過酷温度が始まったばかりだ。
それでも少し目下に締まりが現れてきた。

2020.03.09(Mon)  土佐錦魚TOP

  2020.03   02≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫04

TopAdmin