FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 03月08日
   
選別思考 3428−66
   
過酷温度は、上面温度三十八℃〜三十九℃迄を高潮としている。
その時の陽射しが、過酷な光線となる。
上面温度四十℃、底面温度三十八℃、危険温度の始まり。
上面温度四十一℃、底面温度三十九℃、危険温度。
光線を浴び続けると悪影響が始まり、イジケへ向かう。
上面温度四十二℃、底面温度四十℃ 限界温度。
上面温度四十℃で光線の悪影響を避けるために、耐えうるだけの日影を提供している。
それでもまだ光線を浴びせる必要があると判断したら、冷たい差し水によって温度は下げても、光線は当て続ける。
上面温度四十一℃は、生きてはいられるが、長時間或いは長期に光線を浴び続けると、イジケへの作用が強まる。

2020.03.08(Sun)  土佐錦魚TOP

  2020.03   02≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫04

TopAdmin