FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 03月05日
   
選別思考 3425−63
   
上面温度三十九℃、底面温度三十七℃で過酷は急に本格化する。
上面温度四十℃、底面温度三十九℃で過酷は最高に発揮する。
上面温度四十一℃、底面温度三十九℃で過酷は限界になる。
陽射しがあると耐えられず四十一℃の水面の影にも寄ってくる。
陽差しは温度も上げているが、光線として魚に作用している。
先ず、光線を浴びてから温度上昇を受ける。
光線を嫌がり日影があると入る。すると温度のみの過酷になる。
光線効果は半減する。日影はたっぷりあっては不可ない。
『顔が太うなる』要するに目幅が狭くならない。
顔が太くて、目幅があり、目先が短く、端瘤が丸く、口が大きく口先が丸く、
顔が何となくつるっとしていると、鯉顔になる。
目幅があり、目先が短く、端瘤が大きく、口が大きく、顔幅が大きいと、
なんとなくカエルに似ているので、カエル顔と言う。

2020.03.05(Thu)  土佐錦魚TOP

  2020.03   02≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫04

TopAdmin