FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 03月02日
   
選別思考 3422−60
   
*過酷(温度)
四十℃で、何らかの対策が必要になる。
上面温度三十九℃なら、三十九℃の上面でも日影を選ぶ。
限界温度四十二℃では、煮られるに等しい。
魚は、煮えるより焼かれる方を先に、異常と察知している。
四十℃時の陽射しで、意識が薄くなる。
曇りでの四十℃では、意識が薄くならない。
煮られるより焼かれる方がより辛いらしい。
光線によっては、深く体内へ達するものと考えられる。
底面温度三十九℃なら両方の過酷を受ける。
四十℃を、何度も期間を長く続けると、イジケてしまう。
焼けによるイジケは、体内の活動に異常をきたす。
まずは生長遺伝子に異常をきたす。
顔が削がれる現象は、それを形に現わしている。

2020.03.02(Mon)  土佐錦魚TOP

  2020.03   02≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫04

TopAdmin