FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 02月25日
   
選別思考 3416−54
   
*対流による舞止まり
真夏の暑さから幾らかでも逃れて底面に非難していると、丸鉢には既に、
対流が起こっている。
我池の丸鉢には二重三重に保温がしてある。
底方向からの温まりは排水栓からのみになる。
だがそれも、ことさら問題にするほどではないと考えている。
排水栓の問題は、冬場の冷えの伝わりの方が案じられる。
底方向からの加熱はないものとして、上面から降りてきた熱い水の層は、
無加熱の底で少し緩和された温度の層になって行く。
上面ではどの辺りが一番加熱されるのか。
これには傾斜からの反射が関係して、斑ができると考えられる。
光が水を通過した時の弱まりから、上面に近い外側の傾斜ほど反射率が高く、
中央へゆくほど反射率は低くなると考えられる。
反射率が低いと、光からの熱吸収率は高くなる。
傾斜からの反射光は中央付近へと集中する。

2020.02.25(Tue)  土佐錦魚TOP

  2020.02   01≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫03

TopAdmin