FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 02月12日
   
選別思考 3403―41
   
*水量(温まりと冷え)
面積に上底差のある丸鉢では、角鉢より水量が少なくなる。
春から夏にかけて上面が暖まり易く、上面に泳ぎをもたらす。
夏は、上面が熱く、底面に涼を求めて留まる。
秋から冬の夜には、上面が冷え易く、底面に暖を求めて留まる。
逆転の対流となる。丸鉢では、水量の面でも、メリハリがある。
角鉢では上面積に比した水量があり、通年季節を緩和して、
季節を助長するような働きは少なく、よってメリハリも少ない。
以前にも過酷を取り上げて、当歳には必要と書いているように、
丸鉢には、ハッキリとした過酷がある。
角鉢には、過酷が無いとは言わないが、かなり緩和されている。
親魚には、過酷が必要なく、過酷は危険と書いている。
角鉢は、親向きと言える。

2020.02.12(Wed)  土佐錦魚TOP

  2020.02   01≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫03

TopAdmin