FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 01月24日
   
選別思考 3384−22
   
角鉢の側面の壁に沿った上下泳ぎの繰り返しを見たことがない。
たとえしていたにしても、壁の深さの距離が少ない。
壁に沿った前方への泳ぎは、つぶさに見ている。
角鉢の側面には、傾斜がない。あっても僅かしかない。
広い底面の側面に傾斜をつけても、あまり意味がない。
広い底面を狭くすることは、角鉢を小さくすることになり、
あまり意味がない。土佐錦魚作りをさらに困難にしてしまう。
角鉢には、連続して上下にジグダグ泳ぎをさせる要素がない。
もし、似た泳ぎをするとしたら、一坪池程の広さと深さになる。
すると今度は、止まりの季節が来ても止められない。
なら『日除け板を乗せればいいじゃないか』
取って付けたような安易な考えの悪循環が始まる。
しまいに、『他の会では角鉢で飼っていた魚が優勝したよ』
悪循環の極みになる。嘆かわしい。

2020.01.24(Fri)  土佐錦魚TOP

  2020.01   12≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫02

TopAdmin