FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 01月12日
   
選別思考 3372−10
   
一旦歯止めが外れると丸鉢を使っていても、電気を点けて夜まで餌を与えたり、
エアーストンを使用して大きく育てようとしたり、一日に二度水替えをしたり、
ヒーターを入れて大きく育てようとしたりと、
丸鉢の使用法を高知自ら崩してしまった。
勿論全部が全部ではなく、丸鉢の本来の使い方を志そうとした人もいたが、
最早丸鉢の使い方を伝える師はいなくなっていた。
高知の人が丸鉢無用論に反論する謂れ(いわれ)が消えた。
高知の人が自ら、丸鉢の意義を失って行ったことになる。
すると雨後の筍のように、東京や各地方に天狗が現れだした。
それこそ、どこの土佐錦魚か判らなくなっていた。
地方、地方あるいは、個人、個人の土佐錦魚が乱立し出した。
高知には、それを統一する実力が伴っていなかった。
誰も高知に従おうとはしなかった。

2020.01.12(Sun)  土佐錦魚TOP

  2020.01   12≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫02

TopAdmin