FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 12月16日
   
選別思考 3345
   
何故折り前が起こったのかの追求は、余りされていなかったと感じられた。
結局いい土佐錦魚になれば文句無いとされた。
二桁返りでも、返りが大きくなるからいいと認められていた。
三桁返りでも、返りが大きくなればいいと、教わった。
反転が大きくなれば差し支えなしと、審査規定に書いてあるのかと言えば、
書面による規定はなく、個人的な言い伝えになり、そんな数々で意見が割れては
その度に会が分裂していた。
おおらかと言えばおおらかで、いごっそうと言えばいごっそう。
うがった見方をすれば、土佐錦魚は初めから変わった種だった。
そこにいろいろな変形が出てきてもおおらかに受け止めていた。
だが、個人的な意見は変えなかった。
桁返り、直返りや側条、半側条、並側条は、土佐錦魚の特異点との認識のもとでの、新たな呼称となっている。

2019.12.16(Mon)  土佐錦魚TOP

  2019.12   11≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫01

TopAdmin