FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 12月11日
   
選別思考 3340
   
多分、他でも出ている可能性は多分にある。
ただ、野中さんはふにゃふにゃした尾だからと、ハネていた。
今も、ふにゃふにゃや前が弱いので、ハネている可能性がある。
野中さんが、晩年『だぼだぼした尾を残しとかんと、尾が小さなる』と言っていた。野中系を維持しながらも大きな尾をたまには掛けないと、野中系の血の濃さが尾の小ささとして現われてしまうことを、言っていると受けとめていた。
今期は偶然、野中系の典型を雄に使っていた。
近森系を秘めていた雌を掛け合わせていたと思われる。
そこに今期の異常気象の偶然が重なった。
一腹だけの野中系は、その典型をハッキリと現している。
理想の背形が一尾現れている。尾にも数尾現れている。
その数尾は、体にもその傾向を持っていて、種魚の用に足る。
近森系はまだ途上にあるが、楽しみで仕方がない。

2019.12.11(Wed)  土佐錦魚TOP

  2019.12   11≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫01

TopAdmin