FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 11月11日
   
選別思考 3310

桁返りの並側条の尾肩先も、ほぼ水平状態となっている。
桁返りの並側条の尾肩先は、反転に吊られた返りも見せている。
これは、並側条では続く並条との繋がりが自然となり、並条の反転の吊れが並側条へおよびやすいと考えられる。
迫り前でも直返りは並側条に多く見られ、側条と並条の間は自然な繋がりとなり、折れるような反転は甘くなる。
並条の側条は、親骨先へ行くほど、ほぼ水平を保ちにくくなる。
並条の桁返りは、だんだん直返りに近くなる傾向がある。
並条の桁返りは、中途半端な直返りになることがある。
並条の桁返りが保持されると、二桁返り的な印象になる。
桁返りと直返りは、反転と親骨との繋がり方ということになる。
桁返りの反転は、親骨先や尾肩先から始まっていないことが見てとれる。
反転は付き元から鰭条へ伝わっている。
2019.11.11(Mon)  土佐錦魚TOP

  2019.11   10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12

TopAdmin