FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 11月04日
   
選別思考 3303
   
さて、例えば大阪ランチュウ系の傾向として、標準値の親骨が成熟と共に強くなり、衣紋掛けや挙げ前気味になる傾向がある。
大阪ランチュウ系の傾向は、成熟までは張りが強くなる。
老年期になるとやはり弱り始める。
リュウキン系の傾向は、成熟に連れて張りは弱くなる。
老年期になると更に弱くなる。
ところが、浅前や先返りは、親骨先の下がり加減が少ないせいか、弱まり具合がなだらかになっている。
浅前はシッカリした付きをしているので想像できるが、先返りは大きい尾なのに、薄くて透けそうなのに、しぼみそうで萎まず、たれそうで垂れず、
ふわふわ浮いている感じさえする。
何でだろう。初めから浮こうとしているからではと考えている。
平付けの尾には、浮力があると言っていた人が昔、高知にいた。

2019.11.04(Mon)  土佐錦魚TOP

  2019.11   10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12

TopAdmin