FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 10月14日
   
選別思考 3282
   
[親骨型]の前後の抑え方の表現は、
[万歳→海老前→跳ね前→衣紋掛け→標準→基準→標準→控え→撫ぜ肩→
流れ]、万歳と流れは、前後の究極になる。
横綱前、決める、極める、舞うなどが基準や標準状態の表現か。
[親骨型]の上下の抑え方の表現は、
[挙げ前→跳ね前→浅前→標準→基準→標準→下げ控→撫ぜ肩→深前]、
跳ね前は同じ呼び名で前後と上下に共通している。
控えと下げ控(さげびかえ)も同じ意味で共通している。
前後の抑えと上下の抑えは、重なって現れることが多い。
総合的に表現されることが多い。
[海老前]は、万歳と挙げ前が相乗している。
挙げ前と深前も上下の究極になるが、少し上げているぐらいでは挙げ前
とはならない。挙げ前気味とは言える。

2019.10.14(Mon)  土佐錦魚TOP

  2019.10   09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫11

TopAdmin