FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 09月26日
   
選別思考 3264
   
*[戻り振袖(もどりふりそで)]
もう[振袖抑え]と言う必要はなくなってしまった。
反転より反転の抑えの[戻り反転]の方が主役になっている。
その戻り反転を[戻り振袖]と、袂よりの発展形を呼んでいる。
戻り袖元→戻り袂→戻り振袖と、戻りの呼び名も発展して行き、
その総称を[戻り反転]と呼ぶようになった。
袖元には振袖が被さってしまい、親骨は振袖に隠されてしまい、
揺らめく振袖は目を奪い、親骨先が陰から覗き見をする。
袂と振袖の境目がハッキリしなくなっている。
前進する時に、前葉は振袖に覆われている。
それでも後退時には親骨と反転の半ば辺りが顔を見せる。
泳いでも、止まっても楽しい、舞って優雅で可愛い。
土佐錦魚の反転は、戻り反転の振袖を得て完成なのか。
戻り振袖までが大阪ランチュウ系と感じられる限界になる。
振袖返りになると、何方の系統からかの見極めが難しくなる。
親骨と付き元の強さが方目安になる。迫り出しはもう見えない。

2019.09.26(Thu)  土佐錦魚TOP

  2019.09   08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10

TopAdmin