FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 09月13日
   
選別思考 3251
   
大きく返った反転は、体に被さるほどに背鰭に近づく。
反転を挙げているのに親骨は標準まで下がっていて、
泳いでいる時には少し後ろへ抑えていることが肝要になる。
巾着返りは、完成されていないと、特徴的なだけで冴えがない。
立ちが出易く逆し向き易い。太らし過ぎは禁物となる。
大ぶりの体はリュウキン系の雌型に多く見られる。
小ぶりで良く締まった体は大阪ランチュウ系に見られ、更紗の着物とおちょぼ口がよく似合う。
作りは難しいが出来た時には、この上ない喜びが湧く。
名人芸のように作られた巾着返りを実際に見ていないと、実感が沸かないかもしれない。完成型はなかなか出てこない。
知らない人はその前に、巾着返りの型を認めなかったりする。

2019.09.13(Fri)  土佐錦魚TOP

  2019.09   08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10

TopAdmin