FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 09月12日
   
選別思考 3250
   
*[巾着返り(きんちゃくがえり)]土佐錦魚の尾型の一型
反り返り→舟底返り→巾着返りへの進展経路になる。
舟底返りの欠点を克服してゆくと、巾着返りになる。
当歳時から特徴を持っているので、好みの分かれる型となる。
その特徴を如何に抑えるかが、作りの一つになっている。
親骨の抑えが叶えば、袖元の逆上がりにも、畳み込み程にはならないにしても、
少しの折り返しができてくる。
折り返しが出来ると、袖あたりに少しの余裕ができてくる。
袖元の逆上がりが絞り込むように袖元を挙げて、後の袖元までを引き込んで後を
丸く見せ、錦織の巾着を結わえたような印象を与える尾型として、名が付けられている。
宝が溢れ出しそうな結び口は体が隠れる程になり、後を分離しているかのように
体の上まで広げ、抑えた扇の親骨はよく見えて、舞姫が両手の扇を小刻みに振わすように華やかに舞う。

2019.09.12(Thu)  土佐錦魚TOP

  2019.09   08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10

TopAdmin