FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 09月01日
   
選別思考 3239
   
半側条は大阪ランチュウ系が主にもたらしている。
並側条はリュウキン系がもたらしている。
反転の成り立ちには、系統の違いが基になっている。
返り始めの呼び名には、折り前と一文字との言い方を聞く。
桁返りが折り前で、直返りを一文字と表現している。
もう一つ別な分野になるが、一文字とは迫り出しが少なく両親骨が一文字のように見えることから来ているとも聞いている。
弓前がこれに当てはまるが、弓前は半側条にも存在する。
この問題の起こりは、分類的な見地からではなく、見た目の印象を当てたか、
個人的な印象を当てはめたところにある。
返り型と前型との混同が混迷を深めている。
[返り型]は、鰭棘と鰭条の返りにまつわる関係を言っている。
[前型]は、横綱前のように、前葉すべての型とも言えるが、
この場合は支えを含めた[親骨の型]になる。

2019.09.01(Sun)  土佐錦魚TOP

  2019.09   08≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10

TopAdmin