FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 12月29日
 
選別思考 2993 
 
*尾付は、鮒尾では平面的で後ろ向きの扇化。
開き尾では、立体的で斜め下向きの扇化。
土佐錦魚の尾骨は椎体でありながら一体的で、筒椎よりさらに下向きになり、
尾骨からの棘状は円錐状にほぼ下向きに発して、三百六十度の扇化になっている。土佐錦魚の尾付きとは、椎体が塊状に一体的な尾骨と、尾骨から円錐状に
発している棘状と、棘状の先の節までの金座(付き)とを、一体としている。
円錐状を左右二分して、垂直方向への左右の扇化と見て、
金座の左右をそれぞれの水平方向への扇化と見ることができる。
塊状の尾骨から発した棘状は、垂直方向への扇化を果たした後に、
水平方向への扇化に曲折していることになる。
その曲折は横見からの扇化から上見からの扇化へ変わっている。
尾鰭は、尾骨の棘の扇化と、金座の扇化との二つを供えている。

2018.12.29(Sat)  土佐錦魚TOP

  2018.12   11≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫01

TopAdmin