FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 12月22日
 
選別思考 2986 
 
*顔は、鰓の下の付け根辺りから見ると扇化して見える。
神経頸板骨まで顔と含めるか、或いは鰓を含めなければ、扇化らしく見える。
顔とするのは少々無理がある。
ここは頭(あたま)とするしかない。
頭とした時には、神経頸板骨と鰓を含まなくても、何とかなる。
鰓の下の付け根辺りが要と見ることができ、吻端から神経頭蓋迄を無理やりだが
広がり部と、見ることができる。
頭の場合、神経棘系の背筋化や単一化や稜線化が見られない。
頭蓋には幅がある。吻端でさえ口幅がある。
これも無理やり見方で、中央線を見い出している。
これは骨格を無視していることになる。
幅のある中央を、中央線として見ていることになる。
横見からの頭の見方も無理やり見ていることになる。

2018.12.22(Sat)  土佐錦魚TOP

  2018.12   11≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫01

TopAdmin