FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 12月17日
 
選別思考 2981 
 
椎体の各部位の湾曲や扇化に眼を凝らしていると細かく見える。
腰椎の扇化(おおぎか)が綺麗にさえ見えて来る。
これがかつては尾に分類されていたなんて、信じたくない。
三連の腰棘を過ぎると、五本の腰棘が縦方向に長く薄っぺたく並んで、
続く筒棘と手を繋いでいるような感じさえ受ける。
やはり嘗ては、両者が尾柄として綺麗に並んでいた名残なのか。
後腹の背弓と並ぶ腰弓が一番綺麗な並びを見せている。
後腹の背弓は多少上向き加減で椎弓の先を後ろへ靡かせている。
腰弓の三連の椎弓は、比較的おおらかに曲がっている。
続く腰弓五本は、斜めに出て先をまとめるように筋化して行く。
椎弓の先が内格の背筋化して行くように見えるのは、
担鰭骨の遮り(さえぎり)が少なくなって来ているからと思える。

2018.12.17(Mon)  土佐錦魚TOP

  2018.12   11≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫01

TopAdmin