FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 12月15日
 
選別思考 2979 
 
舵鰭の付け根は体に入るが、舵鰭の鰭は尾に入る位置にある。
なら尾となるのか。体となるのか。体でもなければ尾でもない。
可哀想なくらい、前後の二分割では無視されている。
体と尾の二分割では、腹鰭も胸鰭も背鰭でさえ無視されている。
舵鰭の椎弓は、背鰭の中程から背鰭終い迄になっている。
その背鰭の半分ぐらいは、分割線から後ろになってしまう。
背鰭の後ろの先の方は、尾芯に触れるほど尾に近づいている。
それでも舵鰭と同じような無視のされ方になっている。
尾鰭の前の反転は、尾鰭のくせに体と尾の前後の二分割では、
完全に前の区域に侵略しているのに無視されている。
それが、土佐錦魚の体と尾の場合の前後の二分割になっている。
その侵略が、土佐錦魚の円で見るとき、均整をとる事に役立つ。

2018.12.15(Sat)  土佐錦魚TOP

  2018.12   11≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫01

TopAdmin