FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 11月22日
 
選別思考 2956 
 
鮒でも、やはり尾柄があるので、まだ支えにはなっていない。
鮒でも、筒椎の六弓の後ろに短い弓が稜線に届かない形で存在していて、
鯉と同じ位置にあたる。
鮒では、第三尾椎からの太くて長い棒状の棘状が、長い鰭棘と繋がっているようにも見える。
背鰭からの筋と、筒弓からの重なる筋が、確認できる。
鯉では、使い道のわからなかった短くて曲がった棘状が、
鮒では、やがて挿し弓として使われるような気を持たせている。
もし挿し弓になるなら、鯉にも鮒にも挿し弓の元があり、当然、鮒尾和金にも
挿しの元があることになる。
これまでは、第一尾椎の第一椎弓の先が空白的になっていた。
鯉では見えなかったから空白で、鮒では見えてきたから挿し弓の可能性が出て、
鮒尾和金では挿し弓的とみてもいいと思える。
挿し弓の元は何れにしても存在している。

2018.11.22(Thu)  土佐錦魚TOP

  2018.11   10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12

TopAdmin