FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 11月19日
 
選別思考 2953 
 
鯉には、上葉に三本、下葉に二本、鰭棘用の棘状がある。
鯉の尾骨には椎体と見ることができる骨が三個ある。
それをここでは前方から第一尾椎、第二尾椎、第三尾椎と呼ぶ。
尾椎から出ている椎弓は神経状の棒状なので、棘状としている。
第一尾椎の血管棘の第一棘条は下葉の短い鰭棘と繋がっている。
第二尾椎の血管棘の第二棘条は下葉の長い鰭棘と繋がっている。
仮に、下葉の長い鰭棘が親骨になるとすれば、短い鰭棘は親基支となって、
親基支は一本となる。
鯉の親基支は一本なのだろうか。
第一尾椎の神経棘の第一尾弓は、短くて曲がった棘状になっていて、鰭棘と繋がっていない。
何の役目をしているのか。
これが挿し弓ではないだろうか。
第二尾椎の神経棘の第二尾弓は、第三尾弓とくっついている。
第二尾弓と第三尾弓は、共に第二尾椎から生えている。

2018.11.19(Mon)  土佐錦魚TOP

  2018.11   10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12

TopAdmin