FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 11月18日
 
選別思考 2952 
 
下葉の方が少ない。その分鰭条が多くなっている。
その上葉の鰭棘が一本多い分が刺し棘なのだろうか。
これは勘としか言いようがないが挿し棘ではないように感じる。
鮒尾の尾柄の椎弓は、尾芯へは向かっていなく、まだ尾芯へと纏まっていなく、
尾芯の追加の支えにはなっていない。
神経棘側の尾柄の稜線になっている。
血管棘側も腹側の稜線と言えるような、尾柄の上下の稜線をつくっている。
尾柄の神経棘も血管棘も規則正しく並んでいる。
上部に挿し弓が有るとは見つけられない。
言わば棘条は、鰭棘も基本の支えも全部が指している。
同じ挿しなのに、挿し棘とはどう差別しているのだろうか。

2018.11.18(Sun)  土佐錦魚TOP

  2018.11   10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12

TopAdmin