FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 11月10日
 
選別思考 2944 
 
それでも跳ね上げ肩棘の位置は大して変わらなかった。
肩への作用の仕組みが変わらなかったと考えられる。
前隣の神経頸板骨との繋がりが強く神経頸板と離れたがらない。
跳ね上げ肩棘の上部になる第一肩弓も、神経頸板との繋がりを強く持っている。
神経頸板と第一肩弓の間の膜は、神経頸板の板状と繋がっている膜になっている。神経頸板骨の膜は下へ降りると、跳ね上げ肩棘、潜り胸棘、第一肋骨へと
繋がり、その間を大きく覆っている。
前背となる胸と肩のほとんどが、その膜の範囲に入っている。
潜り胸棘と第二肋骨までが胸的になり、
跳ね上げ肩棘と神経頸板骨が肩的になり、
神経頸板骨が頸的になる。(この仕分けは単純化してある)
神経頸板骨と第一肋骨の間は、一膜繋がりとも見える。

2018.11.10(Sat)  土佐錦魚TOP

  2018.11   10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12

TopAdmin