FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 06月16日
 
選別思考 2797 
 
古い骨格標本を含め、まじまじと見たので、肩棘辺りの別の規則性にあらためて
気がついた。
昔、記した時には、この辺りは棘が煩雑していて、後ろへ戻っている棘が
有る程度で、「戻り棘」とも名付けていなかった。
跳ね上げ肩棘の前の両脇からクチバシ棘の両脇へ棘が出ている。
戻り棘が有る魚には、小帽子体を見つけられなかった。
戻り棘が有る魚は、跳ね上げ肩棘(跳上棘)がとても小さい。
戻り棘が有る魚は、長めや長手が多かった。
丸手でも、戻り棘の有る骨格標本が一つあった。
丸手でも、上見からだけの骨格が伴わない形の骨格標本だった。
 
2018.06.16(Sat)  土佐錦魚TOP

  2018.06   05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07

TopAdmin