FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 06月10日
 
選別思考 2791 
 
集約の進んでいる前背の椎体も可動域は狭い方になる。
腹椎は、普通域と言える。
腰椎は、大きい可動域を持っている。
脊柱自体が可動域を持つ形と言うより、区分された椎体の弓や棘の作用の形が、
可動域を決めているように感じられる。
神経頸板骨は、外見的には頭蓋の内側の縁に固定されている。
固定部は、頭蓋の内側の位置になっている。
だが椎骨との繋がり部は、外側にハミ出ている。
 
2018.06.10(Sun)  土佐錦魚TOP

  2018.06   05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07

TopAdmin