FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 06月09日
 
選別思考 2790 
 
椎体の中でも腰の振りが一番大きい。
腰椎の三連はシッカリした棘を出して、一番太くて長い舵帯と繋がっている。
実際は舵帯を基軸にして、第四腰椎〜第八腰椎の弓と棘を強く横振りしている。
その振りを効率良く尾に伝えるために第一筒椎は第八腰椎とわりとシッカリ付いている。
尾筒は、振りを腰椎に任せて、筒自体の動きは少なくしている。
尾骨の金座は、筒椎の動きと一体的で、可動的ではなくなる。
可動的なのは、尾自体の動きとなっている。
尾骨は、棘や弓の集約の棘状ばかりになり、続く筒椎も半数程が集約的と言える。
 
2018.06.09(Sat)  土佐錦魚TOP

  2018.06   05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07

TopAdmin