FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 06月06日
 
選別思考 2787 
 
跳ね上げ肩棘を二棘分としている。
発達した跳ね上げ肩棘が熟成すると、板状が抉(えぐ)れた匙(しゃじ)の様になる。やはり、他の種よりは特に発達していると感じられる。
なんで跳ね上げ肩棘は、擬鎖骨や肩骨下に固定していないのか。
固定していると、頭を左右に振って体をよじる時に邪魔になる。
跳ね上がりの形からは、頭を左右にひねって擬鎖骨に近づいても、
滑るようにつっかえない。
体が離れる分には繋がっている神経や膜によって、頭と体の振り程度の動きを
可能にしている。
 
2018.06.06(Wed)  土佐錦魚TOP

  2018.06   05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07

TopAdmin