FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 03月04日
 
選別思考 2693 
 
神経と血管にとらわれないで、椎体の上下で仕分けるこの仕分け方も、
一度は纏めてみる必要性を感じる。
だが、これにも問題はある。上下が対をなしている後背には有効だが、
前背の弓と棘を対(つい)とするには難しさがある。
どう呼び、どう並べ、どう受け入れればよいのだろうか。
向きの異なった跳ね上げ棘や、形の異なった太い棘の二本横並びで付着した棘を、椎体二椎分と安易にしていいのだろうか。
椎体の複合が、横にも縦にも実際にある。
太い椎弓を、椎弓が集約された二弓分としていいのだろうか。
割と合っているのだが、安易に血管棘数で椎弓数を数えてもいいのだろうか。
 
2018.03.04(Sun)  土佐錦魚TOP

  2018.03   02≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫04

TopAdmin