FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 08月19日
 
選別思考 2496 
 
尾芯に代わって左右化した軟棘条は、腹鰭の棘条と同様になる。
神経棘から血管棘系に替わり軟棘条と基本の支えになっている。
そうなっても棘状の尾芯は、埋もれて存在しているのだろうか。
尾椎の尾芯のもともとは、神経棘系にある。
それを神経棘系にしているのが、筒椎からの尾芯の支えになる。
尾芯の支えは、筒椎の神経棘が別れることがないと同様になる。
すると、基本の支えは血管棘系なのだろうか。
支えが棘条を誘導しているのではなかったのか。
埋もれた尾芯の支えは、尾芯と共に埋もれたと考えている。
神経棘系の誘導がなくなると、血管棘系に譲り渡したことにる。
神経棘の誘導がなくなると、自ずと血管棘系に戻ることになる。
それでも何で、尾芯の元は埋もれて存在しているのだろうか。
尾芯の棘状が消えた訳ではなく、支えの棘状が消えてもいない。
そこには、背鰭の背筋も挿し点もある。
 
2017.08.19(Sat)  土佐錦魚TOP

  2017.08   07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09

TopAdmin