FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 08月18日
 
選別思考 2495 
 
その筒椎から左右に展開し始まった元が尾始めであり、
その中央が、土佐錦魚の円の中心点になっている。
その中心点に接している舵鰭終いが、土佐錦魚の体終いとなる。
尾始めと体終いは同一点的な同一線上にあることが理想になる。
尾椎の尾芯以外は全て血管棘系となっている。
尾椎の尾芯も血管棘系になることはあるのだろうか。
尾芯と親骨は、尾鰭の鰭条とは別に独立した棘状になっている。
親骨は筒椎の血管棘系の支えに誘導されて血管棘系のまま働き、
尾芯は筒椎の神経棘系の支えに誘導されて神経棘系のまま働く。
尾芯は、神経棘系の支えの誘導から離れた時に血管棘系になる。
その過程が四つ尾になり、その過程の進展が孔雀尾になる。
孔雀尾の尾芯は、あるにはあるが埋もれて見えなくなっている。
それでも尾芯の棘条は、埋もれた中央に存在している。
 
2017.08.18(Fri)  土佐錦魚TOP

  2017.08   07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09

TopAdmin