FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 06月30日
 
選別思考 2446 
 
ナンキン系と土佐錦魚の前身系は、土佐錦魚の尾の構成要素になっていない。
その尾が出ると、土佐錦魚属になってしまう。
ところが、体が土佐錦魚の前身系のときに、尾が大きくて、前の抑えが利いていて、尾が良い傾向が見られる。
尾だけを見て体を問題にしなければ、良い上に非常に飼い易い。
だがその体は、土佐錦魚属の筆頭となっている。
土佐錦魚の前身の尾を大きくして、平付けにして、反転を大きくするのが目的の
土佐錦魚だったら、既に達成されていることになり、和金体の理想の土佐錦魚と
言われていたかも知れない。
そうなるにしても、大阪ランチュウを掛けて平付けを造り、琉金を掛けて尾を
大きくする必要があった。
その上で土佐錦魚の前身系は、丸い体を捨て続けなくてはならない。ナンキン腹も、大阪ランチュウ腹も、リュウキン腹も。
 
2017.06.30(Fri)  土佐錦魚TOP

  2017.06   05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07

TopAdmin