FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 06月17日
 
選別思考 2433 
 
だが、大阪ランチュウ度が強いと、反転度が先まで強くなり、戻り反転度が弱い
傾向になる。すると、袖元に余裕がなくなる。
大阪ランチュウ度がもっと強いと、反転度が更に先迄強くなり、戻り反転が無く
なって、袖元が吊られてしまう。
リュウキン度が強いと、反転度が弱くなり、戻り反転が多く見える傾向になる。
すると、袖元が弛んでしまう。
リュウキン度がもっと強いと、反転度がさらに元まで弱くなり、戻り反転と反転
の区別がつかなく、締まりも纏まりもなくなる。
大阪ランチュウ度が強くても、反転度の弱い魚がいる。
それは、土佐錦魚の大阪ランチュウ度ではなく、大元の大阪蘭鋳度が出てしまっていることが多く、ハネになる。
リュウキン度が過度に強いと、成魚になっても土佐錦魚度が向上しない。
それは、大元の琉金が出てしまっていることが多い。
 
2017.06.17(Sat)  土佐錦魚TOP

  2017.06   05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07

TopAdmin