FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 06月06日
 
選別思考 2422 
 
前葉の軟条の変形を、自由度が高いと言っている。
後葉の軟条は、前葉ほどにふらついてはいない。
袋尾のように尾芯が無くても緩んでいても、案外保っている。
これは、後葉より前葉の方が、自由度が高いことを示している。
その自由度は、根元の元域が低く、尾先への先域が高い。
その自由度は、大阪ランチュウ系が低く、リュウキン系が高い。
後葉の水平は、大阪ランチュウ度が高い方が向いている。
後葉の先域は、元域の延長のようになってハッキリしていない。
前葉の反転は、リュウキン度が高い方が向いている。
前葉の先域は、薄い尾ほど発達してハッキリ変化している。
反転をなすほどの前葉の先域は、反転から更に戻るように反転して[戻り反転]をなす程になっている。
 
2017.06.06(Tue)  土佐錦魚TOP

  2017.06   05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07

TopAdmin