FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 07月15日
 
選別思考 2130 
 
*欠点はいずれも、成魚形になっている。
例えば、背瘤や肉瘤は、幼魚時に付いていない。
だがそれに特化した種は、幼魚時から見ることがある。
特化していない土佐錦魚でも、歳を重ねるごとに少しづつ着いてくることは、
止む無しとされている。
これは、土佐錦魚へ掛けられている四種全てが、何れはついてきているのだから「仕方ないじゃないか」とされている。
それでも土佐錦魚としては欠点なのだから、着かないことが最良となっている。
肉瘤に特化した種もあれば、逆の種もある。
その逆の種が土佐錦魚と言うことになる。
その土佐錦魚という種なのに、当歳から肉瘤が気になるようでは、
土佐錦魚ではない土佐錦魚属となる。
口が太い目幅が広い目先が短いや肉瘤では、作られていないことになる。
土佐錦魚は、その逆へ特化していることを忘れては不可ない。
 
2016.07.15(Fri)  土佐錦魚TOP

  2016.07   06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08

TopAdmin