FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 07月14日
 
選別思考 2129 
 
*土佐錦魚に掛けられている四種の内のどれにも、これが土佐錦魚だと言える種は無い。四種ともが土佐錦魚の形成に使われていて、総体的に似ているのは琉金と言える程度になっている。
土佐錦魚の形成に使われた限られているところが、土佐錦魚らしいところとなって、限られて使われていないほかが、土佐錦魚属となってしまい、それが欠点とされている。
体の長さは、土佐錦魚の前身。
体の短さは、琉金。
尾の小ささは、 土佐錦魚の前身とナンキンと大阪ランチュウ。
尾の形成不足は、土佐錦魚の前身とナンキンと大阪ランチュウ。
尾筒の流れは、 土佐錦魚の前身とナンキンと大阪ランチュウ。
背高の低さは、 土佐錦魚の前身とナンキンと大阪ランチュウ。
背高の高過ぎは、琉金。
背瘤は、土佐錦魚の前身、ナンキンと大阪ランチュウと琉金。
肉瘤は、土佐錦魚の前身、ナンキンと大阪ランチュウと琉金。
目幅の広さは、大阪ランチュウ。
目先の短さは、大阪ランチュウ。
 
2016.07.14(Thu)  土佐錦魚TOP

  2016.07   06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08

TopAdmin