FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 07月08日
 
選別思考 2123 
 
その範囲は稚魚の時程広いようになっている。
だが、一度その遺伝子が目覚めたら、他の遺伝子と取り替えることはできない。
目覚めてしまった遺伝子を抑えながら、順当な遺伝子の目覚めを待たなくてはならない。
どの程度の大阪ランチュウ系が備わっていて、どのようなリュウキン系が、
どのように抑えながら現れてくるかになっている。
その順当なプログラムを、この先に残された時間で熟すことができるだろうか。
体の作りは一応でもなんとかなったのだから、尾の作りをする頃には、なんとかなれば良いのだが。
順当なプログラムとは土佐錦魚の遺伝子のプログラムでもある。
人間の時間の経過の中で、土佐錦魚の遺伝子の経過をこの目で見ることができている、と、想像するだけでもなんと面白いことか、これから先の根気のいる作業へのやる気が湧いてくる。
 
2016.07.08(Fri)  土佐錦魚TOP

  2016.07   06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08

TopAdmin