FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 07月05日
 
選別思考 2120 
 
尾に関しての大阪ランチュウ系の進展とは、リュウキン系化を進めて行く過程になっている。
尾に関してのリュウキン系の進展とは、大阪ランチュウ系化して行く過程になっている。互いの兼ね合いになっている。
基盤が大阪ランチュウ系であるなら、大阪ランチュウ系の進展の筋道はリュウキン系化と言うことになる。
基盤がリュウキン系であったのなら、リュウキン系の大阪ランチュウ系化が進展の筋道ということになる。
リュウキン系の基盤に後から大阪ランチュウ系が現れることは、あるのか。
これは以前から言っているように、理想の土佐錦魚としては無いと考えている。
薄い軟らかな尾の元から、硬くて厚い尾先は生えて来ない。
基盤がリュウキン系の弱めの付きが、あとから大阪ランチュウ系のシッカリとした平付けにならないことと、同様となる。
 
2016.07.05(Tue)  土佐錦魚TOP

  2016.07   06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫08

TopAdmin