FC2ブログ
天気予報
ブログ内検索
月別アーカイブ
 03月29日   
  
選別思考 1392   
 
土佐錦魚の尾鰭の後に縦の範囲はない。縦の区切りもない。
ツマミは、後葉という平付けの範囲に、縦を付け加えている。
尾芯の両側の横の範囲の尾幅を狭めて、縦へ引き上げている。
平付けの後は、水平とされているのに、水平から上への立ち上がりを認めていることになる。
一条立ち上がっていると、流石に良いという人は見掛けない。
でも、許すと言う人には会ったことがある。
すると、目立たない一細条なら良いのか。二細条でも良いのか。
四細条なら半側条一条に値する。
多分これは、一条の立ち上がりと認識するのだろう。
その側条一条が立ち上がると、桜状が立ち上がることになり、尾芯先の丸みが立ち上がることになり、水平部の尾芯先には丸みが無くなり、完璧な三つ尾になる。
 
2014.03.29(Sat)  土佐錦魚TOP

  2014.03   02≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫04

TopAdmin